浦和で全身脱毛したけどムダに終わった友達の話

前回、医療脱毛での全身脱毛の料金のことをサラッと書いたんですが、
私のその予想は当たっており、実際光脱毛でやってあまり意味がなく、医療脱毛しようと思っている友達がいます。

その子も比較的毛は濃いものの、
脱毛サロンの魅力的なトークにやられて全身脱毛を契約。
これまで20万円近くを費やすも、結局なかなか終わりが見えないし、また新しく数回分の契約を迫られるなどしてギブアップ状態なんだそうです。

やっぱり最初はそういう知識がなく、
家がある浦和で比較的評判の良かった脱毛サロンに行くもこのありさま。
サロンはほぼそうだと思いますが、通う女性を選びますよね。
毛が少なめ、って条件で、ね。

ここではどの脱毛サロンを利用していたかは書きませんが、
浦和の脱毛サロンって実はかなりいっぱいあるんです。
浦和駅前を中心に、ちょっと数えきれないくらい。
でも医療クリニックはないんですよね。
だから自然と脱毛サロンで十分みたいな暗示にかかっていたところもあると思います。

当然この友達をは意気投合しているので、
今後は何としてでも医療脱毛で完璧な全身脱毛をしよう!と誓いあっているところです☆

20万円の無駄金?も、いい勉強代だった!
と思うしかありませんね!

全身脱毛に必要なお金を計算してみる

私の友達で脱毛サロンでの全身脱毛をしたコがいるんですが、
大体10万円以上は掛かったようです。
が、そのコはもともと毛が薄いほうで、普通はその倍はかかってもおかしくないんだそうです。

しかも光脱毛だと効果は永久ではないので、
また数年後にムダ毛が生えてくる可能性もそれなりになるので、
その時点でまたお金が必要になるんですね。

毛が復活するのは何年後かはわからないものの、
たぶん私並みに毛が濃いとその時間もあっと言う間、でしょう。

・・・となるとこんな非効率な脱毛サロンではダメで、
医療脱毛でお金をかけても永久脱毛したほうが実は効率的なのでは?と思います。
急がばまわれ、の精神ですよね。
最近は医療脱毛のページを見てもそういうことが書いているし、
私のこころは完全にもうそっちを向いています。

で、肝心の医療クリニックの全身脱毛の料金なんてすが、安いと30万円くらいから、
高いと60万円くらいまでけっこう幅はあります。
が、顔やVIOなども含めると概ね40万円以上、ってのが相場になっていますね。

まずはこの金額を用意するため、
日々地道に仕事をして貯めて、同時にミニロトでも一発を狙うってことをしていこうと思います。

田舎だと脱毛サロンが少ない!当時の平塚も・・・

脱毛したいと思っていても地方、田舎だと脱毛サロン自体がなく、
これはもう引っ越しするしかないと思っていました。

若いころって視野が狭いので都会に行けば何となくなる!
って考えてしまうんですよね。
私は平塚にいたことがあるんですが、電車で脱毛に通うのもなんか恥ずかしいし、
友達に見られたらどうしようとも思っていました。
今ほど脱毛サロンが当たり前な時代でもありませんでしたし。

平塚なら行くなら横浜ですが、
遊びに電車でいくコもいただけに見つかるリスクを恐れていたのだと思います。
かと言って平塚の駅前に手頃な脱毛サロンがあるわけでもなく。
現時点であればミュゼプラチナムも出来ていますし、
高校生でも当然のように平塚で脱毛をするっていう選択肢もあるみたいですが・・・。

そんなわけで悶々とした感じで凄した私の暗い平塚時代の印象です。

めんどくさがりな私が試したむだ毛処理方法

私は、「超」がつくほど、めんどくさがり屋です。
無駄毛の処理なんて、できればしたくない、というのが本音です。
ですが、毎年夏が来ます。夏になると、そういう訳にはいきません。
まず、試したのは定番の「剃る」という方法です。
これは、100円均一で買ってきた剃刀で、気が向いた時に剃るだけです。
ところが、3日後くらいには、剃ったあとの毛が伸びてきて、触ると男性の髭そり後のようなジョリジョリ感が・・・。
それに、めんどくさがりな私が3日に1回毛を剃るなんて、耐えられる訳がありません。
めんどくさい、の一言です。

次に、試したのは、むだ毛除毛クリームです。
除毛ですので、脱毛とは違います。何が違うかといいますと、クリームを塗ると毛が縮れて抜けるというよりは、切れる、という感じです。
剃るのに比べれば、断面が縮れているので、3日後くらいでも目立ったジョリジョリ感がないかな、という感じでしょうか。
ただ、やっぱり、脱毛ではなく、除毛ですから。
3日もすれば、ちょっとは伸びてきますよね。
それに、剃るのと違ってクリームを塗ってから・・・となると、準備もめんどくさいです。
次第にむだ毛処理が億劫になってきて、私には向いてなかったようです。

次に試したのは、脱毛です。
家でできるような、電気で動くやつです。よく、電化製品売り場で売っているようなやつです。
これは、ちょっと痛いです。まあ、抜いている訳だから、しょうがないかもしれませんが。
しかし、やはり脱毛はすごいです。何がすごいって、しばらく生えてきません。
3日後くらいにはまだつるつるですからね。
めんどくさがり屋な私にぴったりです。
とりあえず、今はこれに落ち着いていますが、次に試すとしたら、永久脱毛ですかね!

ムダ毛処理はリスクが大きい!でもミニロト当たってお金が入れば・・・

永久脱毛したい、と言いながら自宅でムダ毛処理を行っています。
日課になったシェーバーでのムダ毛処理ですがめんどくさくてたまりません。
男性よりも毛深いことを気にして日課になってしまったムダ毛処理ですが、最近ではそんなムダ毛処理のリスクを痛感しています。

ムダ毛処理の悩みで多く聞くのはカミソリ負けなんかの肌トラブル。
私も実際に悩んでいます。
カミソリ負けは最初の頃だけでした。

今の悩みは毎日シェーバーを使用することで肌がガサガサになっているんです。
乾燥肌によっておこる粉吹きと同じような症状がおこってしまっているんです。
ボディクリームを使用すれば問題は内容に思いますが、ひび割れのような肌は隠せません。

そして、シェーバーでは対処できない黒くポツポツと見える毛穴の中。
肌触りも特にチクチクしていませんが、見た目にははっきり見える剃り残し。
ムダ毛処理をする意味がなくなってきているんです。

今、一番の悩みは埋没毛です。皮下で伸びる濃い毛に悩んでいるんです。
たまに赤くニキビのようになっていて、その中ですくすくと濃い毛が育っているのを見付けます。
無理に処理しようとすれば肌を傷つけないといけません。
放っておくと真っ赤なニキビのようになります。

いろんなリスクが発生しますが、どんな悩みにしても見た目が悪いです。
毛深い女ということが嫌でついつい今でもムダ毛処理は日課として継続しています。

脱毛の一番のリスクはお金だと思うので、
とにかく今年はミニロトを当てて何としても脱毛に投資をしていけるようにしたいです。

ムダ毛との戦いはいつまで続くのだろうか

小さい頃からムダ毛に悩んできました。
自分が体毛が濃いことに気付いたのは小学生の頃。仲のいい友達から、こんな手紙をもらいました。

『なんでそんなに腕に毛が生えてるの?』

衝撃でした。
それと同時に恥ずかしくなり、どうすればいいのか悩むようになりました。

カミソリで自己処理をするようになったのは、中学生になってからです。
親に隠れてこっそりと処理してました。
隠れてしていたのは、やはり恥ずかしかったからです。
思春期なこともあり、毛の濃さで悩んでいることを知られたくなかったのです。
ピンセットで抜いたりもしたのですが、これは本当にオススメしません。
余計濃くなりましたし、毛が皮膚に埋もれて黒ずんでしまいました。

今も自己処理はカミソリでしていますが、その後の保湿が本当に必要になります。
カミソリは肌に負担をかけてしまうので、保湿しないと肌が乾燥し、粉吹いてしまうのです。
私は自己処理した後は化粧水をたっぷりつけた後、ボディクリームをつけるようにしています。

大人になった今でも、彼氏に腕を触られ「じょりじょりしてるね」と言われ傷付いた苦い記憶があります。
これからもムダ毛との格闘は続きそうです。